【ナノ粒子の乾式分級、熱プラズマを用いたナノ粒子製造技術を紹介!】

小間番号: 6J-07

日清エンジニアリングでは、「プラントエンジニアリング」「機器製作販売」「粉体加工」を事業の柱として、今日のあらゆる分野において重要度をましている粉体技術をコアテクノロジーに、液体技術、情報システム技術などを統合し、食品からエレクトロニクスまで幅広い分野で事業を展開している。今回はその中から、nano tech 2018 に出展する「ナノ粒子の乾式分級機」と「ナノ粒子受託加工製造」について紹介します。

 

① ナノ粒子の乾式分級機

 

 2008年より旋回気流式分級機「エアロファインクラシファイア」シリーズを販売し、主に電子材料の原料となる金属粉やセラミックス粉のシングルミクロンから サブミクロンの領域での分級に対応してきました。この度、新たに開発した、これまでよりもさらに小さい100nm以下の領域での乾式分級を実現する「エアロファインクラシファイア Type S」を紹介します。

②ナノ粒子受託加工製造

 熱プラズマを用いた気相合成にて酸化物や金属、 窒化物や炭化物などの単体化合物だけでなく、合金や複合酸化物、コアシェルタイプなど様々なナノ粒子をお客様のご要望に併せて作製することが可能です。 本展示会では実際に製造したナノ粒子サンプルを 展示、紹介致します。

 

日清エンジニアリングは、一世紀を超える豊富な経験が生み出した、最高の技術力と総合力で、お客様のご要望にお応えします。この機会に是非、ブースにお立ち寄りください。

 

▼お問い合わせ・詳細はこちら

http://nanotech2018.jcdbizmatch.jp/Info/nanotech/jp/ExhibitorDetail?val=dEkYbI5hfx4