主催

nanotech 実行委員会

(株)株式会社JTBコミュニケーションデザイン

お問い合わせ

nano tech 実行委員会
株式会社JTBコミュニケーションデザイン

〒105-8335 
東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
TEL:03-5657-0760
FAX:03-5657-0645
E-mail: nanotech@jtbcom.co.jp

※ 4/1から会社名が変更になりました。(旧社名:(株)ICSコンベンションデザイン)

JECC

個人情報の取り扱いについて

特定商取引法に基づく表示

同時開催展

  • 3D Printing 2016
  • ASTEC2017 国際先端表面技術展・会議
  • SURTECH2017 表面技術要素展
  • interaqua2017 第7回国際水ソリューション総合展
  • enex 2017
  • Smart Energy Japan 2016
  • 新電力EXPO 2017
  • Convertech JAPAN
  • 新機能性材料展2017
  • 3次元表面加飾技術展
  • 先進印刷技術展
  • Printable Electronics 2017
  • 試作・受託加工展

  • 3D Printing 2016

開催概要

名 称 nano tech 2017 第16回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議
日 時 2017年2月15日(水) - 17日(金)10:00-17:00
会 場東京ビッグサイト東4・5・6ホール&会議棟
主 催

nano tech実行委員会

委 員 長
川合 知二(大阪大学 産業科学研究所 特任教授 / 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術戦略研究センター長)
副委員長
馬場 嘉信(名古屋大学 大学院工学研究科化学・生物工学専攻 教授 / シンクロトロン光研究センター センター長 / 革新ナノバイオデバイス研究センター センター長)
委 員
荒川 泰彦(東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 機構長)
伊藤 忠(富士フイルム株式会社 R&D統括本部 高機能材料研究所長/ 東京大学 工学部 非常勤講師)
亀井 信一((株)三菱総合研究所 政策・経済研究センター センター長)
小林 直人(早稲田大学 研究戦略センター 副所長・教授 工学博士)
寺田 昇(パーク・システムズ・ジャパン(株) 代表取締役)
布施 達朗((一社)ナノテクノロジービジネス推進協議会 事務局次長)
西島 和三(持田製薬(株)医薬開発本部 フェロー / 東北大学 未来科学技術共同研究センター 客員教授 / 横浜市立大学 先端研究担当特任教授)
橋詰 富博((株)日立製作所 中央研究所 主管研究員 博士(工学))
原 正彦(東京工業大学 大学院 総合理工学研究科 教授 / 国立研究開発法人理化学研究所 グローバル研究クラスタ 客員主管研究員)
平賀 隆(国立研究開発法人産業技術総合研究所 電子光技術研究部門 客員研究員)
平原 奎治郎 (国立研究開発法人物質・材料研究機構 ナノテクノロジープラットフォームセンター 運営室長)
福島 伸((株)東芝 研究開発センター 首席技監)
古屋 一夫 (国立研究開発法人物質・材料研究機構 共用基盤部門長(兼)国際ナノテクノロジーネットワーク拠点 副拠点長)
前田 龍太郎(国立研究開発法人産業技術総合研究所 エレクトロニクス・製造領域 上席イノベーションコーディネータ)
益子 信郎(国立研究開発法人情報通信研究機構 理事)
松井 真二 (兵庫県立大学 高度産業科学技術研究所 特任教授)
松田 良夫(東レ(株) 技術センター 技術センター企画室 主幹 担当部長 / IR室主幹)
盛 英三(東海大学 医学部基礎医学系 教授 )
八瀬 清志(国立研究開発法人産業技術総合研究所 評価部 首席評価役(材料・化学領域担当))
吉木 政行(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 材料・ナノテクノロジー部 部長)
湯元 昇 (国立研究開発法人国立循環器病研究センター 特任部長)
アドバイザー
丸山 瑛一(国立研究開発法人理化学研究所 名誉研究員)
事務局長
松井 高広((株)JTBコミュニケーションデザイン 取締役)
後援 内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、イタリア大使館 貿易促進部、イラン・イスラム共和国大使館付属 イラン文化交流センター、オランダ王国大使館、カナダ大使館、在京タイ王国大使館、スイス大使館 科学技術部、スペイン大使館経済商務部、チェコ共和国大使館、駐日大韓民国大使館、ドイツ連邦共和国大使館東京、フィンランド共和国大使館 商務部、フランス大使館貿易投資庁-ビジネスフランス、(国研)情報通信研究機構、(国研)物質・材料研究機構、(国研)理化学研究所、(国研)科学技術振興機構、(国研)産業技術総合研究所、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)日本貿易振興機構、(独)中小企業基盤整備機構、(一社)日本経済団体連合会、(一社)ナノテクノロジービジネス推進協議会 (順不同)
協賛 (公社)応用物理学会、(公社)高分子学会、(公社)日本化学会、(公社)日本分析化学会、ナノ学会、フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 (順不同)
展示規模 600社 800小間
予定来場者数 50,000名 ※同時開催展含む
入場料3,000円(但し、Webサイトで事前登録された方は入場無料)

会場レイアウト

東京ビッグサイト東4・5・6ホール&会議棟

会場構成

TOPへ戻る

Copyright© 2016 JTB Communication Design, Inc. All rights reserved.